原因から理解する

こちらのサイトをチェックすればかつらを激安で購入できます。選び方のちょっとしたコツなどを知ってから購入しましょう。

男性ホルモンや遺伝

薄毛の症状が出るAGAに悩む男性は多く、その原因は人によって異なります。AGAの原因として最も多いのが男性ホルモンの影響です。男性ホルモンが強くなると、髪の毛の細胞とくっついて別のホルモンに変化してしまい、それが結果的に毛根細胞を萎縮させてしまいます。毛根細胞が萎縮することによって、髪の毛の発育が滞り、結果的に薄毛を招いてしまいます。他にも遺伝が原因となっている人もいます。遺伝が原因の場合は、生活習慣を改善してもAGAは治りにくいので、家系にAGAの人がいる場合は早めのうちに病院へ診断に行くことが大切です。特に母方の家系にAGAの人がいた場合は注意が必要です。

生活習慣を変える

東京ではAGAを治療できるクリニックも多く存在しており、毎日のように多くのAGA患者が病院で診察を受けています。東京のクリニックでAGA治療をする場合、まずは医師と共にカウンセリングが行われます。カウンセリングでは主にAGAの原因となる部分を一緒になって究明していきます。AGAの原因となっているものには男性ホルモンや遺伝が多いといわれていますが、最近では生活習慣も大きく関わっていることがわかっています。特に偏った栄養素しか摂取していない人やたばこや喫煙はAGAにも影響すると言われています。加えて現代増えてきているのがストレスによるAGAです。ストレスをためると血液循環も悪化するので髪の毛にも栄養がいきにくくなります。こうした原因を究明したうえで処方する薬などを決定するので、生活習慣が悪い人は、まずは日常から見なおしてAGA治療を進めていく必要があります。

治療を続ける

AGA治療は医療機関で進めていくことができ、医療機関に診療しに行くとプロペシアなどの錠剤を処方されます。薄毛で悩む男性は多いですがそれぞれで脱毛進行のパターンが異なります。

続きを読む

早めに診断をする

AGAの原因は様々ですが、薄毛を感じ始めたら早めに病院へ診断しに行くことが大切です。薄毛の進行が進む前に治療を行うことで、早めに髪の毛を取り戻すことができます。

続きを読む

おすすめリンク