早めに診断をする

AGAの診断を受けて早めに治療しましょう

AGAとは男性の脱毛症のことです。正式には、男性型脱毛症と言います。これは、遺伝することが解っていますが、今では治療薬が開発され、治療できるようになってきたのです。 ですから、AGAの診断を受けて早めに治療しましょう。これの治療は、早ければ早いほど回復も早いと言えるのです。 それでは、AGAの原因についてお話ししていきます。これは、男性ホルモンの一つであるジヒドロテストステロンが原因となっているのです。 ジヒドロテストステロンは、その前駆物質であるテストステロンから変化したものですが、これには5αリダクターゼと名付けられた酵素が深く関与しているのです。 そして、この5αリダクターゼは遺伝で増加することが解っているのです。

病院で治療薬を処方してもらえます

AGAだと診断がつけば、病院で治療薬を処方してもらえます。その治療薬とは、フィナステリド製剤のことで、今までに多くの薄毛で悩む人々を救ってきました。 フィナステリドは、5αリダクターゼを阻害することで、ジヒドロテストステロンの血液中の濃度を低く抑えることができるのです。 フィナステリド製剤を用いた治療の場合、薄毛の改善効果が出るのは、数カ月かかると言われています。でも、発見が早ければ、比較的短期間で完治することができるのです。 ですから、父親が薄毛だったりすれば、男性である貴方も薄毛に注意しておく必要があります。 また、今では個人輸入代行サービスで、海外から安いフィナステリド製剤のジェネリック医薬品を入手することが可能になってきました。 ですが、医薬品には変わりありませんから、十分に注意を払って服用してください。