AGA治療の薬成分

薄毛防止のフェナステリド

東京ではレベルの高いAGA治療ができるクリニックが多存在していますが、東京のほとんどのクリニックでは治療の際に薬を処方しています。AGA治療の薬にもいくつかの種類があり、その人の薄毛の原因によって使い分けています。AGAで悩む人の原因として最も多いのが男性ホルモンですが、この場合はフェナステリドという成分が配合された薬を利用します。フェナステリドの場合は男性ホルモンの生成を抑制させる効果があるので、薄毛の促進を防ぐことができますが、基本的に男性のみの使用になります。この薬を半年程服用するとかなり効果が見られるといわれているので、処方された時には正しい容量と用法を守って続けることが大切です。

発毛促進のミノキシジル

東京のクリニックで処方されるAGA治療薬にはミノキシジルとよばれる薬もあります。ミノキシジルの場合は毛の発育を促進させる効果を持つので、男性ホルモンが原因の人よりは、生活習慣や遺伝が原因の人などによく利用される薬となっています。ミノキシジルの場合はフェナステリドとは違い女性でも利用することが可能となっています。東京のクリニックを始めとして多くのクリニックではフェナステリドやミノキシジルが処方されますが、この2つのAGA治療薬はそれぞれで効能がことなるので併用が可能となっています。併用することによって薄毛防止と発毛促進の両方を実感することができます。処方されたAGA治療薬の効果をより一層発揮させる為にも、頭皮マッサージを一緒に行っておくと良いでしょう。頭皮マッサージをすることによって、薬の効果をより活かすことができます。