治療を続ける

AGAには飲み薬があります

女性であれば肌のハリが気になり、男性であれば髪の薄毛が加齢によって気になることでしょう。 男性の髪の薄毛症状をAGAといいます。 昔はフサフサだったのに今は頭皮が見える方、悩んでいるのではないでしょうか。 AGAは医療機関でも治療できるようになりました。飲む育毛剤プロペシアです。もともとこの薬は前立腺肥大の薬として使用されていましたがAGAにも効果があるとわかりました。 国内の臨床試験では3年で70%の人に改善の効果がみられています。 プロペシアは自費診療です。1錠あたり250円と高額です。自費薬は医療機関や薬局が価格を設定できますので、だいたい30日治療分で約1万3千円から1万8千円ほどかかります。AGAの治療には年数がかかります。根気よく続けることが大切です。

どのような脱毛症状なのか

薄毛で悩む男性は非常に多いと思います。AGAとは成人男性に見られる薄毛の状態をいいます。 主に思春期以降に症状が現れます。一般的に遺伝や男性ホルモンが影響していると考えられています。 このAGAは放っておくと進行します。 脱毛の進行パターンがあり、頭頂部、額の生え際、前頭部、これらの混合型と様々です。徐々に本数が減り薄毛が目立つようになります。早めの治療が大切です。 AGAに至る原因物質が発見されました。 脱毛部にシヒドロテストステロンが多いとうことです。髪の成長期を阻害する物質と考えられています。 うぶ毛が残っていれば治療できます。 印象を決める大切な髪です。太くしっかりした毛量を取り戻しましょう。 まずはお近くの皮膚科や内科などAGA治療を掲げている病院にかかりましょう。