早く保育士になりたいのであれば短期大学への進学が一番

保育園と幼稚園は似てるようで違う

子供を預かる施設で思い浮かぶのが「保育園」と「幼稚園」でしょう。この二つの施設は同じように思えますが、実は特徴が異なります。どのようなところが違うのか取り上げてみました。

保育園と幼稚園を比較

保育園

保育園で働くためには保育士の資格を取得する必要があります。また保育園は食事など基本的な生活習慣を教える場です。問題なくこなせるようにサポートするのが保育士の役割です。

幼稚園

幼稚園教諭の免許を取得することができたら幼稚園で働くことができます。保育園と違い幼稚園は「学校」に分類されます。そのため、幼稚園教諭は生活面だけでなく教育面でも指導する役割があるのです。

早く保育士になりたいのであれば短期大学への進学が一番

レディ

早く資格を取得することが可能

短期大学は2年制のため4年制大学よりも2年早く保育士の資格を得ることができます。また学校によっては幼稚園教諭の資格を取得できるところもあります。両方の資格を取得するとなると大変ですが、2年で取得できるのは大きな利点と言えるでしょう。

子供と保育士

費用が安い

4年制大学よりも比較的学費がリーズナブルです。推薦入試だと入学金が無料になるところもありますので、なるべく費用を抑えたい場合はホームページやパンフレットをチェックしましょう。

保育士として適性がある人

保育所
no.1

子供好き

1番保育士として向いていると言えるでしょう。保育士は直接子供と接しますので子供と遊ぶのが好きだったり笑顔を見るのが好きなのであれば保育士としてやっていけるでしょう。

no.2

体力がある

保育士は見た目よりもハードなお仕事です。子供は毎日元気が一杯ですので、あちこちで騒いだり抱っこをお願いされたりと大変です。かなりの体力を消耗しますので、体力に自信があれば保育士の業務も難なくこなせるでしょう。

no.3

オーバーリアクションできる

子供は自分がやった行動に対して、どのような反応をするのか楽しんでいます。そのため少し大げさなリアクションをしてあげると喜ばれるでしょう。

no.4

精神的にタフ

毎日誰かしら泣きますのでそれをなだめたり、おもらしをした子のフォローや排泄物の処理などをしたりなど精神的な負担が強いです。精神的に強いことが求められます。

no.5

接客が得意

保育士は子供だけでなく保護者とも接します。そのため保護者と良い関係を保つためコミュニケーション力が求められるのです。コミュニケーション力が高い人は保護者からの信頼を得ることができるでしょう。